このエントリーをはてなブックマークに追加

 

中古マンションを購入する場合、相手(売主)との価格交渉は、不動産仲介会社に代行してもらいます。

流石に、ダイレクトに売主に「値引きして」とは言いにくいですし、この仕事は不動産仲介会社の仕事です。

 

ウチの場合、新築マンションの時には、購入直前になって売主から連絡があり、提示されていた販売価格よりも50万円価格が下がりました。 

 

こちらから値下げの要請をした訳ではありませんでした。恐らく、全体に価格が高かったので部屋の抽選の事前調整の段階で考慮した結果ではないかと考えていました。

 

checkbox新築マンションの場合、売出し時に当初の価格より値下がりするケースがある

 

恐らく、上記のような調整があったと思われますが、購入できなかったのでいくら下がっても関係ありませんでした。

 

思い出して見ますと、確かに新築マンションの売り出し価格はウチのかなり予算オーバーでした。高っかいなぁ、という記憶がいまでも残っています。

 

 

中古マンションの値下げ交渉はどのように行うか

 

それでは中古マンションの価格はといえば、仲介会社を通じて売主に対して価格交渉を頼んでみましょう。

 

ご存じの通り、中古マンションの価格は、マンションの仲介会社が物件の査定をした後に、売主であるマンションの住民の意向(値決め価格)を確認して売出します。

 

例えば、極端な事を言えば、仲介会社が中古マンションとして査定した金額が4,000万円だったとしても、売主が5,000万円あるいは、6,000万円で売り出したいといえば、その価格で売り出してくれます。(仲介会社が認める範囲でという意味です。)

 

 

当然ですが、マンションの仲介会社は、高く売れれば、それだけ仲介手数料が高くもらえますので、まず価格の上限から売り出します。

 

 

もし欲しい物件があったら、「もう少し価格が下がったら教えてもらえますか。」と伝えてみてはいかがでしょうか。

 

 

ただし、価格を下げてもらう場合には、それなりの交渉方法があります。

 

 

いきなり「売出のマンション価格を下げてください。」は、初対面の異性に対して「結婚して下さい。」というような感じで、ダメです。

 

ダイレクトですと、断りやすいのです。もう少し下げでもいいかなぁと思わせなきゃダメです。

 

 

 中古マンションの値下げ交渉は、まず隅々まで物件を見るところから始める

 

まず、売出物件の部屋を見ること。部屋をじっくりと時間をかけて見て、チェックをする。

 

 

例えば、壁紙が汚れているとか、フローリングの張替えが必要そうだとか、浴槽のクリーニングが必要だとか・・・etc

 

 

そのうえで、仲介会社経由で価格交渉(壁紙やフローリングの張り替えを行うので、価格を下げてくれないか等)を伝えて価格交渉をしてみて下さい。

 

 

これで、中古マンションの価格を下げてもらった先輩がいますので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

 

 くれぐれも最後に。中古マンションは現物の引き渡しであることに注意する。

 

くれぐれも繰り返しますが、中古マンションは現物の引き渡しです。

 

汚れていようが、壁面にライオンが描かれていようが、トイレットペーパーが棚に50個あろうが、フローリングの床が抜けていようが、基本的にそれをそのまま引き渡すという取引です。

 

よ~く見ておく必要がありすが、在宅している物件を見に行く場合には、それができにくいので、気づいた点はメモをして物件を紹介してくれた営業マン経由で売主に確認するようにしましょう。

 

 

特に、ワタシが見に行った物件では、カーテンとエアコンをそのまま置いていきたいという売主が多かった印象があります。

FaLang translation system by Faboba