このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションのモデルルームに行きますと、必ずファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれる資金相談というものがあります。これを実際に利用したことがありますので、どのような内容だったかを記載します。また資金相談にのってもらう上で、どのようなメリット、デメリットがあったのかも記載します。

 

ファイナンシャルプランナーの無料の資金相談会へ相談すると何をアドバイスしてくれるのか。メリット、デメリットについて。

 

  • メリット

そのマンションを購入した後に生活がどのように変化(例えば、マンションを購入したことによって、今の今後生活水準を維持するには生活費としていくら必要か、娘が高校、大学に入学した時にはいくらぐらい必要となるか等)を具体的な数字で知らせてくれます。

 

これはマンションを購入しようとしている場合には安心材料となります。マンション購入しても資金が足りなくならないかを第三者の目でみてくれますので。

 

  • デメリット

相談しているファイナンシャルプランナーに対して、貯金額や毎月の収入、生活費の内訳、お小遣い、借金の有無まで伝えなければならないことでした。家計のキャッシュフローを伝える必要がありますので、他人には知られたくない内容を伝えなくてはならないことでした。

  

 

我が家がファイナンシャルプランナーに相談した内容

 

もう一人子供が生まれたケースを想定して、住宅ローンを払い、子供の進学とともに資金が不足しないか、今の生活水準をマンション購入後も継続して維持することができるのかについて相談しました。

 

相談した後に雑談で、そこにいたファイナンシャルプランナーから、マンションの資金相談会では下記のような相談を受けるケースが多いとのことでしたので、参考までに記載します。

 

  • 毎月の住宅ローンはどれくらいかかるのか。

 

  • マンション購入後も、購入前の生活水準を保てるのか。

 

  • マンションを購入後に、子供が生まれたらどれくらいの資金がかかり、マンションのローンは支払えるのか。

 

 

無料相談だが、生命保険の切替、新たな保険加入を勧められるので内容には注意  

 

あと、当然ながらファイナンシャルプランナーに相談に乗ってもらう場合には、加入している保険について見直すようにアドバイスを受けます。

 

ファイナンシャルプランナーは、ここがメシの種ですので必ず相談してきた人には勧めます。ワタシは、生命保険の切替や子供の学資保険(追加加入)を勧められました。

 

ウチは、きっぱり断りました。特に学資保険に投資信託を組み合わせた商品を提案してきましたので、リスクが高い保険と判断したのでした。

  

ファイナンシャルプランナーは、保険のプロです。特にマンションのモデルルームにいる彼らは、手数料の高い投資信託の保険を組み込み提案してくる場合があります。

 

自分の家庭で、加入している保険について考え(保険はハイリスクハイリターンでも良い、保険はあくまでも保険なのでハイリターンを望まないなど)を持っていませんと、都合の良い話につられて流されますので注意が必要です。

 

ワタシは、姉が生命保険会社の事務を長年していて生保の資格を持っていたので、基本的な仕組みは教えてもらっていましたし、終身保険に加入する時にかなり勉強して加入しました。なので、加入しているワタシの終身保険については、積極的な提案はしてきませんでした。

 

 

まとめ

資金相談会については、メリットとしてマンション購入後の生活について第三者の目からアドバイスがもらえる。デメリットとしては、現状の資産内容、個人情報を正確に伝えなければならない。家族のみならず、両親の事も聞かれる場合がある。

 

資金相談にのってもらうため、今加入している生命保険について変更するように提案してくるが、必要がなければキッパリ断った方が良い。

FaLang translation system by Faboba