このエントリーをはてなブックマークに追加

 

かなり前の話しですが、悪質なマンション販売の電話勧誘について。

あなたが、固定電話の番号を電話帳に載せていた場合、悪質なマンション勧誘の電話を受けるかも知れません。ワタシが受けた電話の内容及びその対応策をお伝えします。

 

勝手に難くせを付けてくる売込み業者の実例

 

携帯電話が全盛の今では、独りで固定電話を設定している家は多くはないかも知れません。

 

実は、ワタシが独りで生活していた時にこんなことがありました。休日の夕方に固定電話が鳴ったのでとると、

 

不動産会社:「〇✕不動産と申します。今日は新築マンションのご案内で電話しました」

ワタシ:「必要としていないのでいりません」とハッキリ伝えました。

 

するとその不動産会社の担当は「こちらもマンション販売しているので、説明する時間くらいもらいたい!」と語気を荒げててきたのす。

 

ワタシは、「はぁ、逆切れか?」と呆れましたが、冷静に「時間はありません。」と伝えると、相手から「ふざけるな。時間くらい取れるだろう」とさらに攻撃的に話してきたのです。

 

ワタシが「必要がないので電話を切ります。」と対応で伝えたところ、「ふざけるな!」とガチャ切りされたのでした。

 

その後、直ぐにその不動産会社から電話が何度となく、かかってきましたので、サイレントモード(電話の着信音が鳴らないモード)に変更し留守番電話設定しました。

 

しかし、電話を何度もかけてきたのが分かりました(留守番電話に切り替わる)ので、やむを得ず電話回線を外しました。(まぁ、この時点でまともな会社じゃないなぁと思いました。)

 

 2日経ったたが、まだしつこく電話をしてきた

 

 

それから2日ほどして電話回線を繋ぐと、夜にこの不動産会社から電話がかかってきました。

 

かなりしつこく電話をしてきたようです。電話帳には住所と電話番号と名前が記載されていますので、流石にワタシからガチャ切するもマズイと考え対応することとしました。

 

家にその業者が来るとは思いませんでしたが、わざわざこの業者のために時間を取る必要もないと考えたのです。

 

心理的に圧迫してくる作戦。まともに相手をしてはいけない。じゃあ、どう応戦するかを考える。

 

電話で話している時に、その不動産会社の担当が話しているところから聞こえてきたのは、周りの怒鳴り声でしたので、恐らく、この不動産会社の営業は、かなり強引な営業方法を取っているであることが分かりました。つまり、常識が通用しない相手だと。

 

マトモな方法では、諦めてくれそうもありませんでしたので、ウチが行ったのは、再びサイレントモードで固定の回線は繋いただまま、留守番設定にしておくことでした。

 

下手に電話に出れば購入意欲があるとの間違った認識を相手に与えてしまう恐れがあるので、完全に無視する方が良いと考えたのです。いくら何でも、購入意欲もないのに家に来ることはまずないだろうと。

 

2週間くらいはこの状態を続けた結果、それ以降はその不動産会社から連絡がかかってきた事はありませんでした。

 

もし皆さんが同じような経験をされたケースを考えて、記載しておきます。

 

今はどうしているかといえば、留守番電話にしておき、メッセージを吹き込んでくれる人の要件を聞いて対応するようにしています。(もちろん、電話帳には記載していません。)

 

ご参考までに、しつこい電話勧誘と個人情報保護法というのが独立行政法人国民生活センターのホームページにありましたので記載しておきます。

 

リストから削除して欲しいと伝えることは大切だ 

 

ちなみに、ワタシは仕事で電話勧誘を受けて必要がないと判断した場合、相手に対して「リストから削除してください」と伝えています。

 

まともな相手の場合、それ以上は電話勧誘はしてきません。

 

FaLang translation system by Faboba