このエントリーをはてなブックマークに追加

 

マンション購入で物件を探しているときに、刺激的な広告チラシに目をうばわれてマンションを購入した先輩がいました。

自分の家を持つことができて本人は満足のようでした。ただマンションを購入してどういう生活をしたい、購入する目的というのが明確ではないようでした。

マンション購入は一生に一度の高い買い物ですので、購入する場合には購入する目的を明確にしておくことが必要になってきます。そうしないと、チラシにつられて購入を希望していない物件を買ってしまう恐れがあります。

 

チラシにつられる前に購入したい目的を考えておく

 

チラシの広告を見て来た購入意欲の高い見込み客に対して、マンション販売の営業マンは仕事ですので、せっかくにモデルルームまで見に来てくれたあなたに「お得感」「抽選会」「今が買い時」のフレーズを出して、マンションを強く勧めます。

  

営業マンとしては当然でしょう。(もっとも、売る方から言えば、チラシを見て、わざわざマンションのモデルルームに来ている人が目の前にいるのですから、それはかなり購入意欲はあると考えるハズです。気軽にふらっときて、お金もないのにマンションを見に来ないでしょうからねぇ。)

 

 

営業マンはお得感を出して、あなたの購買意欲をかきたてます

 

営業マンにあおられて、「今が買い時」「家賃並みのローン」「住宅ローンが低い」「今買わなければ・・・」と事前の準備(間取り、周辺価格との比較、周辺環境、マンション建設予定地の地層・・・etc)をせずに、「マンションの営業マンの言うことも一理あるなぁ。」などといって購入に踏み切ってしまう方がいるのです。(意外にたたみ込まれる言われるとあせるんですよねぇ・・・)

 

「そんな事ないでしょう。嘘だ、ありえないハズ。」と思う方もいるでしょう。

 

試しに、1度でもマンションのモデルルームや建売の物件を見に行ってみるとその理由が分かるでしょう。

 

勧められて賃貸と分譲マンションを比較して考えてしまう

 

賃貸マンションと分譲マンションを比較してみれば、分譲マンションの方が遙かによく見えます。

 

そもそもの建物の造り方が明らかに違うのです。

 

部屋にはフラットなフローリング、立派な備え付けの棚、キッチンの仕様等、マンション全体のイメージも広がり、購買意欲がアゲアゲで、勢いで購入するケースも分からないでもありません。

 

バリアフリーなみのフラットさ。よいしょっと、賃貸に住んでいた間取り、段差のないフラットな床はきっと輝いてみえるんです。モデルルームで今住んでいる賃貸の物件と販売している分譲マンションを比較して、はるかに分譲マンションが良く見えてくるのです。

 

 

抽選はイベント、参加するなら購入意欲100倍ありとみなされる。

 

しかも、見に行ったマンションのモデルルームの営業マンから、「今週末に購入予定者向けに、部屋の抽選会を実施します。宜しければ参加しませんか?結構、希望されるお客様が多くて、抽選になる部屋がほとんどです。

 

抽選に当たった場合、購入を検討されても良いと思いますよ。(営業スマイル)」なんて言われたらねぇ・・・

 

そういわれると、価格も想定していたよりも高いわけでもなく、悪い物件ではない(良く知らないのでそう思ってしまう。)ので、「抽選に参加します」と申出てしまうケースがあるのです。

 

まぁいってみれば、営業さんにあおられて、なんとなくよさそうなので抽選に参加して希望の部屋が抽選で当たれば、嬉しく、また抽選でこの物件との運命を感じて購入してしまうということがあります。(売る方も良く考えますよねぇ。)

 

そういうケースでマンションを購入してもよいのですが、購入後に「買わなければよかった。」というようなミスマッチが発生しないように、事前に準備してからモデルルームにいきましょう!

 

なんとなく買ってしまって後悔しても遅いのです。自分自身で購入するマンションの購入目的を明確にしておくようにしましょう。

FaLang translation system by Faboba