このエントリーをはてなブックマークに追加

 

皆さんは、ハザードマップという言葉を聞いたことありますか? 

ハザードマップとは、災害予想地図のことをいうのですが、ご存じでしたか。ワタシは、マンションを購入する前にマンションのモデルルームでハザードマップの地図があり、関心を持ちましたのでご紹介します。

 

checkboxマンション購入時にはハザードマップを確認する理由

 

ハザードマップは、購入したマンションの身の周りで発生する災害について予め知ることができます。

 

実際のところ災害が発生するのか否か不明ですが、数年前に発生したことでよく覚えているのは、とある地域で地震が発生したのですが、その地震の影響でマンションの敷地の土地が液状化して問題になったことがありました。

 

ワタシがマンションを購入した時に考えていたのは、予め土地の液状化や地盤沈下などの災害が発生する可能性があるマンションであることを理解したうえで購入したいということでした。そのうえで購入するか否か判断をしたい。購入してから、災害が発生したら、目もあてられないと考えたのです。

 

ですから、購入したマンションの土地の地盤が硬いのか、近くに避難所があるのか事前に確認をしました。

 

ハザードマップについては、マンションのモデルルームで確認できる場合がありますが、下記の国土交通省のホームページから日本のハザードマップをだれでも確認できます。

 

このサイトの良さは、いろいろなハザードマップ(洪水、内水、高潮、津波、土砂災害、火山)が確認できる点で便利です。

 

 

国土交通省のハザードマップポータルサイト

  

下記のアドレスへリンク(国土交通省 ハザードマップポータルサイト)してみて下さい。

http://disapotal.gsi.go.jp/

 

さすがに、マンション販売している営業マンも、聞かれない事には基本的に回答してくれませんので、こうした事は自分で調べた方が良いと思います。

 

買ったあとで後々気づくのも遅い(分かっていて、納得して購入するのであれば問題ないのですが・・・)ですので、事前に確認しておきましょう。

 

確認してから営業マンにその事実を伝えて、マンション建設に当たり、売主がどのように考えている(例えば液状化しないような地盤として対策を取ってから建設する等)のかを確認してみるもの良いのではないかと思います。

 

 

FaLang translation system by Faboba